お知らせnews

カビが発生した外壁の洗浄

コンクリート外壁に発生したカビの洗浄

コンクリートはアルカリ性のため本来カビが生えにくいものですが、老朽化によって中性に近づいてカビやすくなったり、性質上表面が乾燥しにくいため、日当たりの良くない場所や湿度の高い場所ではカビは増殖します。
そのためコンクリートでも時間経過や場所によってカビが生え黒ずむことがあります。

カビが発生し、少し黒紫色になってしまった外壁を洗浄していきます。
洗浄箇所 :コンクリートの外壁
使用液剤 :カビクリーンS

黒ずみや若干紫色になった外壁です。

洗浄前 洗浄前の外壁

変色を抑えるために洗浄箇所を水で濡らします。

水を塗布 外壁に水を塗布

ローラーを使い液剤を塗布していきます。

液剤塗布

液剤を浸透させるため数分程度放置します。

放置

液剤を塗布してから汚れが落ちていくことがわかる動画はコチラ

水で流しながらブラッシングしていきます。

ブラッシング

外壁の洗浄後

洗浄前の写真と比較してもキレイになっていることがわかります。

洗浄後 外壁の洗浄後

外のことだからと放置をすると外観を損なうことはもちろん、カビが増殖し付近へカビの胞子を撒き散らす原因になります。
体内に入ると病気の原因にもなりますので、適切な洗浄をしましょう

カビクリーン

この事例で使われている製品

カビクリーン

お問い合わせ・ご注文時に
「1液のSタイプ」または「ABの2液タイプ」とお伝えください。

contact

もっと詳しく知りたい方

洗浄剤についてもっと詳しく知りたい方は、お電話かFAX、または下記のフォームからお問合せください。

042-488-1100

受付時間 平日10:00~17:00 FAX 042-488-1105

aicon-top-img